鳴無神社 ⇒ 海に続く参道の先に美しい浦ノ内湾が光る

鳴無神社

鳴無神社とは

鳴無神社(おとなしじんじゃ)は、高知県須崎市に鎮座する神社だ。 祭神は一言主命(ひとことぬしのみこと)だ。 浦ノ内湾に面し、海に向かって参道が続くことから『土佐の宮島』と呼ばれる。

神社に向かう

この日は須崎市内の喫茶店でランチ。 食後、車で鳴無神社に向かった。 ほどなく海が見えてくる。 湾を回ったところが、神社の入り口だ。 大きな鳥居がある。 この手前の駐車場に車を停めて、鳥居をくぐる。

鳴無神社

境内は広い。 由来書き。 創建は1,500年前だそうだ。 拝殿。 明るい建物だ。 極彩色の本殿。 参拝を済ませ、海の参道に向かう。 これが海に続く参道。 規模は小さいが、宮島っぽくはある。 海側から見ると、こんな感じだ。 759年から土佐神社とともに船を浮かべて、ここで歌会をしていたそうだ。
土佐神社とは 土佐神社は、高知県高知市の土佐国一ノ宮だ。 祭神は味鋤高彦根神(あじすきたかひこねのかみ)、一言主神(ひとことぬしのかみ)...
毎年8月24、25日に夏の大祭があり、お船遊びが見られる。 実は鳴無神社は縁結びの神様として知られるのだが、その理由は秋の大祭の中で行われる儀式による。

遙拝所

神社を後にする。 鳴無神社の隣りに鎮座する竃荒神社に参拝する。 鳴無神社の海の参道の先には、遙拝所がある。 遙拝所の先の堤防に上がってみた。 湾の向こうに、鳴無神社の鳥居が見える。 遙拝所を見ると、こんな感じだ。 大祭の時には、ここもたいそう賑わうのだろう。

感想

景色も素晴らしく、また宮島のような海に続く参道も印象的だ。 歴史的にも古く、ゆったりと古を振り返るのもいいだろう。 横浪観光の際には、ぜひ立ち寄りたい。

その他の参拝記録

鳴無神社とは 鳴無神社(おとなしじんじゃ)は、高知県須崎市浦ノ内東分鳴無(こうちけんすさきしうらのうちひがしぶんおとなし)にある神社だ。 ...