国分寺 ⇒ 平野に凛として立つ寺に梅が香る(第29番札所)

国分寺

国分寺とは

摩尼山宝蔵院国分寺(こくぶんじ)は、高知県南国市にある真言宗智山派の寺だ。 第29番札所で、本尊は千手観世音菩薩だ。 香長平野の中に位置し、周囲は田んぼだ。 山寺が多い高知の札所の中では珍しい。 また土佐日記の作者である紀貫之は、この近くに住んでいた。

コットンタイムでランチ

この日は、コットンタイムでランチ。 この店は女性が多い。 オーガニックでランチメニューが女性好み。 店から20mほど離れるが、駐車場が広いこともあるだろう。 国分寺のすぐそばなので、参拝する時に立ち寄ることが多い。

国分寺

国分寺の駐車場に移動。 史跡の看板。 梅がきれいだ。 この寺は以前来た時に梅がとてもきれいだったので、この季節に参拝に来たのだ。 山門。 きれいに掃除が行き届いていて、気持ちがいい。 境内は広い。 しかし以前は境内にも梅の木が多かったのだが、思いのほか少なくなっていて残念だ。 金堂は長宗我部元親が建てた物だ。 金堂の看板。 その脇に、大師堂がある。

境内を巡る

その他にも、境内には多くの祠がある。 酒断地蔵尊にも参拝したが、もちろん断酒するつもりはない(笑) 行基を祀る開山堂。 金堂の右側にある社務所に向かう。 ここの庭の方が、花が多かった。

散策

国分寺のとなりに、総社が鎮座している。 土佐の神社を順番に参拝していかなくてもいいように、ここに集めたそうだ。 こちらにも参拝する。 総社の先は、梅林だ。 とても香しい。 このあと、大日寺に向かう。
大日寺とは 法界山高照院大日寺(だいにちじ)は、高知県香南市にある真言宗智山派の寺だ。 第28番札所で、本尊は大日如来。 四国八十...

感想

国分寺は近いこともあり、年に何度か参拝している。 特に梅がきれいなので楽しみにしていたのだが、枯れたのだろうか、境内には少なくなっていた。 それでもすぐ先に梅林があって、そちらで十分に楽しめた。 この寺はいつ来ても掃除が行き届いていて、心も清々しくなりそうだ。 遍路でなくとも、ぜひ参拝してもらいたい。

参拝記録

国分寺とは 摩尼山(まにざん)宝蔵院(ほうぞういん)国分寺(こくぶんじ)は、高知県南国市国分(なんこくしこくぶ)にある真言宗智山派の寺だ。...