金剛頂寺 ⇒ 奥深い山道を登ると見所満載(第26番札所)

金剛頂寺

金剛頂寺とは

龍頭山光明院金剛頂寺(こんごうちょうじ)は、高知県室戸市の真言宗豊山派の寺だ。

第26番札所で、本尊は薬師如来。

駐車場へ

この日は自宅を車で出発し、輝るぽーと安田でランチを食べてから金剛頂寺に向かった。

輝るぽーと安田とは 輝るぽーと安田(てるぽーとやすだ)は、高知県安芸郡安田町にある道の駅だ。 土佐の元気市・輝るぽーと安田 | 高知...

国道から左折すると、細い山道が続く。

運転には要注意だ。

到着した駐車場には、懐かしい形の郵便ポストが。

境内に歩いて行く。

階段が閉鎖されている、と思ったら、仁王門に回れとの表記。

正面から順に参拝せよ、ということだろう。

仁王門の下は、長い石段が続いている。

こちらが表参道と言うことだろう。

立派な仁王像の横を通り、境内に入る。

まだ新しそうだ。

参拝

本堂はコンクリート製。

歌碑が建てられている。

納経所。

本堂で参拝する。

ツツジが美しい。

境内を巡る

本堂の横に、霊宝殿がある。

この中に、木造阿弥陀如来坐像などが収められている。

仁王門の方に回り込むと、大師堂だ。

参拝する。

大師堂の前には、ガン封じの椿がある。

撫でると癌封じになるといわれる霊木だ。

ツルツルになっていた。

こちらは一粒万倍の釜。

弘法大師が3合3勺のお米を入れて炊いたところ一万倍に増え、人々を飢えから救ったという。

境内を一周し、本堂に向かって右側に進む。

ここはヤッコソウの自生地だ。

その奥には、智光上人廟がある。

さきほど閉鎖されていた石段を下り、駐車場に戻った。

この後は、最御崎寺に向かう。

最御崎寺とは 室戸山明星院最御崎寺(ほつみさきじ)は、高知県室戸市にある真言宗豊山派の寺だ。 第24番札所で、本尊は虚空蔵菩薩。 ...

感想

とても広く、また近代的な本堂が印象的だった。

見所も多いので、少し時間を見ておいた方がいいだろう。

海岸線からかなり道を入り込むので、歩き遍路では大変だ。

しかし、それだけの価値はある。

合計距離: 483 m
最高点の標高: 171 m
最低点の標高: 158 m
累積標高(上り): 19 m
累積標高(下り): -25 m
総所要時間: 00:15:09
Download file: 20180525_室戸市元.gpx