三樽権現の滝 ⇒ 神秘的なブルーに包まれた滝壺を楽しむ

三樽権現の滝

三樽権現の滝とは

三樽権現の滝(みたるごんげんのたき)は、高知県土佐郡土佐町栗木(こうちけんとさぐんとさちょうくりき)にある滝だ。

その滝壺の水の美しさは、有名な仁淀川支流の「にこ渕」に匹敵すると言われる。

三樽権現の滝|星型の滝壺が素敵!清涼感あふれる秘境三樽権現の滝(みたるごんげんのたき)は、高知県土佐町にある滝です。高知県らしい、澄んだ清流を湛える滝壺は、上から見ると星型になっていて、今後「にこ淵」のようにブレークする可能性を感じる特徴的な滝です。

三樽権現の滝|星型の滝壺が素敵!清涼感あふれる秘境から引用

駐車場

この日は自宅を車で出発し、三樽権現の滝を目指した。

途中、水辺の駅あいの里に立ち寄って休憩。

水辺の駅あいの里(みずべのえきあいのさと)は、いわゆる道の駅だ。 わざわざ『水辺の駅』と称しているところに、仁淀川へのこだわりがある。 ...

さらに進み、国道439号線を離れて山道を進むと三樽権現の滝の看板が見えてくる。

歌碑も建っていた。

この橋を渡ると、もうすぐ、という看板。

駐車場に到着。

5台くらい停められそうだ。

由来の碑。

樽とは滝壺を意味し、滝壺が3つあることから三樽の滝、と呼ばれているそうだ。

ここは神ノ谷(こうのたに)という谷らしく、いの町の神谷を思い出してしまった。
https://niyodogawa.org/blog/niyodogawa/gourmet/12033/

歩いて滝へ

駐車場に、鳥居が建っている。

その先に、滝への道が続く。

200m先らしい。

古いが、草刈りもしてあり歩きやすい。

子供でも大丈夫だろう。

途中に崩れたところもあったが、特に危険は感じなかった。

流れる川は、清冽そのもの。

三樽権現

すぐに滝が見えてくる。

曲がった欄干が、ちょっと怖い。

水が豊富なのだろう、滝以外にも流れる水音が心地よい。

祠。

鍵がかかっていた。

三樽権現の滝

滝は美しい。

前日の大雨で流されたのだろう、流木が引っかかっていたのは景観的にちょっと残念。

三樽権現の滝(みたるごんげんのたき)高知県土佐町【とくチャンネル】

滝の脇には、苔むした木が立つ。

もと来た道を戻る。

この後、籠神社に向かった。
https://niyodogawa.org/blog/outdoor/shrines-and-temples/shrines/kochi/13797/

感想

噂通り、美しい滝壺が印象的だった。

滝自体は落差も小さくて良くある滝なのだが、水の美しさはなかなか他では見られないだろう。

石原からの道路は細いが、その後の徒歩ルートはにこ渕のような険しさもない。

アクセスのよさから、にこ渕のように人気が出るかも知れない。