別府峡(べふきょう) ⇒ 紅葉の名所でそばまんじゅうをパクリ

別府峡

別府峡とは

別府峡(べふきょう)は、高知県香美市物部町別府(こうちけんかみしものべちょうべふ)にある渓谷だ。 紅葉の名所として知られる。
べふ峡 - 香美市公式ホームページ剣山国定公園の物部川源流域にある渓谷で、四季を通して変化に富んだ風景が楽しめます。紅葉の名所として有名で、山一面が紅葉に染まる秋の美しさは格別です。周辺には整備された遊歩道が続いており散策が楽しめ、シーズン中は、もみじ茶屋が開店し、田舎寿司や手打ちそば、アメゴの塩焼きなどを味わうことができます。
べふ峡 – 香美市公式ホームページ から引用
何度か紅葉を楽しみに行っているのだが、今年もちょっと早めに別府峡に行ってみた。

駐車場

この日は2019年11月9日。 まず美良布のレストランつむぐでランチを済ませた。 その後、別府峡にやってきた。 駐車場からスロープを上がり、林道に出る。

もみじ橋

駐車場からすぐの所に、もみじ茶屋がある。 そばまんじゅうに心が動いたが、とりあえず我慢。 先に進む。 もみじ橋までやってきた。 朱塗りの吊り橋で、絶好の撮影ポイントだ。 鉄橋なので、吊り橋ながら安心感がある。 この川は物部川の源流。
物部川とは 物部川(ものべがわ)は、高知県を流れる一級河川だ。 白髪山(しらがやま)に発し、高知龍馬空港で太平洋に注いでいる。 ...
橋の対岸はすぐに登山道となる。 橋を渡り返す。

林道

さらに先に進む。 屏風岩までやってきた。 対岸に、巨岩がそびえる。 ここまで歩いてくる人が多いようだ。 落石多し、の看板。 しばふ公園への下り道は少し険しそうだったので、パスする。 紅葉は山の上だけなので、まだ6分、というところだろうか。 林道はここで通行止めになっていた。 この林道は落石が多く、よく通行止めになる。

もみじ茶屋

もみじ茶屋に立ち寄る。 店頭で炭焼きのそばまんじゅうを買う。 店内へ。 テーブル席が並ぶ。 窓からは、物部川が見下ろせる。 手作り感満点のまんじゅうだ。
別府峡(べふきょう)の紅葉【GoPro MAXで撮影】2019年11月9日【とくチャンネル】

帰路

ここから車で戻るのだが、ツレは歩き足りずにさらにここから別府峡温泉まで歩くという。 俺は車で別府峡温泉へ。 そこで合流し、帰路についた。

感想

紅葉の名所なのだが、少し早すぎたようだ。 山の上の方は紅葉していたのだが、沿道は全くといっていいほど紅葉していなかった。 11月下旬くらいが見頃になりそうな感じだ。 それでも西日に照らされて輝く山の紅葉は、美しい。 途中で通行止めで歩けるコースも短くなっているが、紅葉シーズンに訪れたい場所だ。
合計距離: 1401 m
最高点の標高: 624 m
最低点の標高: 572 m
累積標高(上り): 74 m
累積標高(下り): -94 m
総所要時間: 00:22:49
Download file: 20191109_別府峡.gpx