イタリアからオーストリアへ移動 ⇒ 路面電車が登山列車に?

ブレンネロ

ポンテ・ガルディナへ

この日はセルヴァ(Selva)のホテルで最後の朝食。 バス停に向かう。
セルヴァとは セルヴァはイタリア語では正式にはセルヴァ・ディ・ヴァル・ガルデーナといい、イタリアのトレンティーノ=アルト・アディジェ州ボル...
バスは大混雑だ。 ポンテ・ガルディナ(Ponte Gardena)に着いたと思ってバスを降りたら・・・ なんと一つ手前のバス停だった(汗;) 電車の時間があまりなかったので、大慌てで駅に走る。 ポンテ・ガルディナ駅に到着。

冷や汗

なんとか間に合ったようだ。 と思ったら、なんとリュックサックがない。 バスの中に忘れたか? 一瞬冷や汗。 しかしよく考えてみると、列車の時間を確認する時にベンチに置いて、そのまま置き忘れたようだ。 慌てて取りに戻り、事なきを得た。 悪名高きイタリアなのに。 奇跡のようだ。 なんとか列車に乗ることができた。

ブレンネロで乗り換え

さらば、ガルディナよ。 ブレンネロ(Brennero)に到着。 イタリア鉄道を降りる。 ここでオーストリア鉄道に乗り換える。 歩いて国境を越える。 オーストリア鉄道の列車までやってきた。 意外と空いていた。

インスブルックで路面電車に乗る

インスブルック(Innsbruck)中央駅に到着。 そのまま路面電車に乗り換えだ。 乗り換えまで20分しかないが、お腹が空いた。 駅の近くにあるトルコ料理店で、ケバブランチをテイクアウト。 出発を待ちながら、ホームでムシャムシャ。 そろそろ出発だ。 この電車はシュトゥーバイ・タール(Stubaital)鉄道といい、もともとは独立した登山列車だったが、路面電車に乗り入れたそうだ。 路面電車は繁華街を抜けていく。 やがて町外れの操車場へ。 ここから徐々に標高を上げていく。 オリンピックの時に使われたジャンプ台の前を通過。 このあたりまで来ると高原らしくなってきた。 牧場が広がる。

フルプメス

終点のフルプメス(Fulpmes)に到着。 路面電車の駅から坂道を下っていく。 10分ほど歩くと、宿泊する家が見えてきた。 ここがこれから7泊するHaus Mair家だ。

感想

思いもかけずポンテ・ガルディナでトラブルに見舞われたが、なんとか無事に目的地であるフルプメスに着くことができた。 ラッキーとアンラッキーが両方あった。 バスが混雑していた上に降車場所を間違えて走って、疲れたこともあるのだろう。 まさかのリュックの置き忘れ。 注意していたのに、油断した。 こういうことがトラブルの元なのだと、改めて気を引き締めた。 路面電車は、思いのほか楽しかった。 今回はインスブルック観光はしないので、中心街を走る路面電車が観光に役立った。 1時間の長い乗車時間だが、景色もいい。 一度乗ってみるといいだろう。
合計距離: 139423 m
最高点の標高: 1551 m
最低点の標高: 463 m
累積標高(上り): 1794 m
累積標高(下り): -2427 m
総所要時間: 06:33:47
Download file: 20180705_セルヴァ・ディ・ヴァル・ガルデーナ.gpx