甲殿住吉神社 ⇒ 土佐十景を借景に立つ海辺の神社

甲殿住吉神社

甲殿住吉神社とは

甲殿住吉神社(こうどのすみよしじんじゃ)は、高知県高知市春野町甲殿(こうちけんこうちしはるのちょうこうどの)にある神社だ。 祭神は住吉三神で、底筒男命(そこつつのおのみこと)、中筒男命(なかつつのおのみこと)、表筒男命(うわつつのおのみこと)。
住吉三神 - Wikipedia『日本書紀』では主に底筒男命(そこつつのおのみこと)・中筒男命(なかつつのおのみこと)・表筒男命(うわつつのおのみこと)、『古事記』では主に底筒之男神(そこつつのおのかみ)・中筒之男神(なかつつのおのかみ)・上筒之男神(うわつつのおのかみ)と表記される3神の総称である。住吉大神ともいうが、この場合は住吉大社にともに祀られている息長帯姫命(神功皇后)を含めることがある。
住吉三神 – Wikipediaから引用
神社の東に、四国八十八箇所三十四番札所種間寺の奥の院・本尾山奥の院がある。
種間寺とは 本尾山朱雀院種間寺(たねまじ)は高知県高知市春野町にある真言宗豊山派の札所だ。 薬師如来を本尊とする。 ...
" class="blog-card-thumbnail-link">
種間寺とは 本尾山朱雀院種間寺(たねまじ)は高知県高知市春野町にある真言宗豊山派の札所だ。 薬師如来を本尊とする。 ...
建立は1471年。
住吉神社由緒:文明3年(1471)に建立遷宮、起源はそれよりはるかに古いとされる。
住吉神社 から引用
甲殿とは珍しい地名だ。 土佐地名往来(高知新聞夕刊連載記事)の中に、 「かつて吾川郡の郡役所(郡戸=こおど)の地?川 渡?海辺に流れ着いた住吉大明神の「かむどの・神 殿」の転?」 との説明がある。 pdf-土佐地名往来(高知新聞夕刊連載記事)

境内

この日は種間寺に参拝した。 https://niyodogawa.org/blog/outdoor/shrines-and-temples/temples/88kasho/3111/ その後、徒歩で甲殿住吉神社にやってきた。 裏参道を進む。 手水舎。

参拝

まず、階段を上がる。 この日は2019年11月3日、ツワブキが咲いていた。 拝殿から続く階段が見える。 摂社。 本殿。 つっかえ棒で支えている。 ここから拝殿を見下ろす。 表参道を見下ろす。 下りてきて、拝殿へ。 「台風接近のため扉を閉めています」 と書かれていた。 内部には、100年ほど前の絵が掛けられている。
[カブで参拝]春野の甲殿住吉神社はRPGのダンジョンみたいでカッコイイ | 土佐の細道・オン・ザ・カブ100年近くまえの絵が飾られています。それだけでスゴイ!由緒正しき歴史的建造物なのです!
[カブで参拝]春野の甲殿住吉神社はRPGのダンジョンみたいでカッコイイ | 土佐の細道・オン・ザ・カブ から引用

表参道

参拝を終え、表参道を抜けていく。 ここには根回り8mの椎の木が立つ。 東の大杉、西の椎の木と称されていたほどの大木だったそうだ。
道の駅大杉とは 道の駅大杉(みちのえきおおすぎ)は、高知県長岡郡大豊町杉(こうちけんながおかぐんおおとよちょうすぎ)にある道の駅だ。 ...
平成26年の台風のため倒木し、倒壊の恐れがあって伐採されてしまったのが残念だ。 狛犬。 春野町内では最古のものだそうだ。
甲殿住吉神社 - Wikipedia江戸時代後期の天保2年(1831年)9月に作成された、旧春野町では一番古い狛犬である。旧春野町の文化財に指定されていた。
甲殿住吉神社 – Wikipedia から引用
鳥居から表参道を見るとこんな感じ。 手水舎。 一の鳥居まで抜けてきた。 目の前は、甲殿川の河口だ。 風光明媚な場所。 ここは土佐十景のひとつだ。
住吉神社この辺りは大正15年に「土佐十景」に選定され、お菱岩、蝙蝠岩、お亀岩、烏帽子岩、鳩岩、お舟岩等の巨岩があちこちに見られた景勝地だったそうですが、戦後基礎石用に切売りされ、現在はお菱岩だけが残されているそうです。
住吉神社 から引用

感想

太平洋と、そこに流れ込む川の河口の景色が美しい場所に建つ神社だ。 境内も広く、本殿まで上がれる階段も付いている。 近くに来たら、ぜひ参拝して欲しい。