いの町ハイキング ⇒ 寿司一貫〜椙本神社〜横薮〜王子神社〜加茂神社

寿司一貫

寿司一貫

この日は自宅を車で出発し、寿司一貫(すしいっかん)にやってきた。 12時前と言うことで、すぐに座ることができた。 いつもの炙り寿司ランチをオーダーする。 寿司一貫は回転寿司店なのだが、ランチはいつも炙り寿司ランチにしている。 にぎり寿司の他にサイドメニューを2つ選ぶことができるので、たいがい天ぷらとうどんにしている。 ツレは天ぷらと茶碗蒸しだ。 ボリュームがあって満足感が高い。 もちろん寿司はおいしい。 これで1,200円ほどなので、コスパがいい。

椙本神社

食事を終え、椙本神社に向かった。
椙本神社とは 椙本神社(すぎもとじんじゃ)は高知県吾川郡いの町にある神社。 いの大国さまとして知られている。 この神社の秋祭りは、土佐...
この日は2020年1月25日、節分の幟が立てられていた。 手水舎も春っぽくなっている。 まずは参拝。 祭神は大国主命で、おみくじの種類も多い。 オガタマの木。 秋の大祭は、土佐三大祭りのひとつになっている。 トイレの張り紙が、いかにも田舎だ(笑) 折れてしまったご神木は、今でも不老長寿をかなえてくれると信じられている。 いの町は紙の街、ということで、高浜虚子の句碑が建っている。 参拝を終える。

横薮

椙本神社を出て、仁淀川橋に向かって歩いて行く。 今回は仁淀川橋を渡らずに、山の方に向かう。 すぐに町を抜ける。 川沿いの道を上っていく。 登山道もあり、時々歩いている。
成山とは 成山(なるやま)は高知県吾川郡いの町にある。 いの町の町のすぐ北側に位置し、町から見上げることができる。 この場所は土佐...
しかし今回はお天気が怪しいので、車道を歩くことにした。 車道だが、廃屋があるなど人が通る気配はない。 川沿いに登っていく。 ところどころに案内看板があって安心して歩ける。 焼き物の窯があるが、今では使われていないようだ。 どんどん登っていく。 ようやく視界が開けた。 このあたりは土佐七色紙(とさなないろがみ)の発祥の地だ。 ケイトウが咲いている。 その横に、梅も咲いていた。 今回の最高地点377mに到着。 道路脇に罠が仕掛けられているのも、交通量が少ないからだ。 舗装路を下っていき、分岐を右へ。 さらに分岐があり、あまり車が通っていなさそうな道を進む。 この道はすぐにもう一本の道と合流する。 加茂山登山口を通過。
加茂山とは 加茂山(かもやま)は高知県吾川郡いの町の里山だ。 標高は261mと低いが、伊野の町から見上げると存在感は抜群だ。

住宅街

この先で、住宅街に戻る。 製紙会社の裏を通っていく。 王子神社に到着。 参拝する。 さらに用水路沿いに進む。 加茂神社に到着。 内部はこんな感じ。 伊野小学校の前を通過。 ここには吉井源太の生家がある。
吉井源太維新後、製紙に関する藩の束縛統制の撤廃によって、 水を得た魚のように活躍を始めます。明治初年には、 楮、三椏、雁皮混合の大小半紙といった新製品を各種開発、 さらに、経済性・防虫のため米糊に代え白土の使用を始めました。 また、精巧な典具帖紙の抄造など、数々の改良や技術の発明を世に送り出すとともに、 最期まで、全国の製紙技術の指導に全力を尽くしました。 その業績は、日本国内はもとより、アメリカをはじめ諸外国に認められています。 彼の著した「日本製紙論」は、今日でも一読の価値があります。 なお、出身地・いの町にある生家は、町の文化財として一般に公開されています。
吉井源太 から引用
和光山本願寺の前を通過。 チポッラの前を通過。
カフェCiPoLLaとは カフェCiPoLLa(ちぽっら)は、高知県吾川郡いの町西町(あがわぐんいのちょうにしまち)にある喫茶店だ。 ...

感想

この道を歩いたのは、5年ぶりくらいだろうか。 随分久しぶりで、かなり息が上がってしまった。 標高は低いが眺めがいいので、歩き甲斐もある。
いの町ハイキング【高知県】寿司一貫〜椙本神社〜横薮〜王子神社〜加茂神社【とくチャンネル】
合計距離: 9706 m
最高点の標高: 377 m
最低点の標高: 13 m
累積標高(上り): 524 m
累積標高(下り): -521 m
総所要時間: 02:46:57
Download file: 20200125_いの町横薮.gpx