岩木山 ⇒ 2時間のお手軽登山で津軽半島を一望(日本百名山31座目)

岩木山

岩木山とは

岩木山(いわきさん)は、青森県弘前市にある日本百名山および新日本百名山だ。

標高は1,625m。

古くから山岳信仰の対象とされており、山頂に岩木山神社(いわきやまじんじゃ)の奥宮がある。

 

駐車場

この日はホテルから車で岩木山神社に行き、参拝を済ませた。

岩木山神社 ⇒  特徴的な狛犬に開運を願う

参拝後、津軽岩木スカイラインを通って駐車場に9:38到着。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

スカイラインは有料だ。

津軽岩木スカイライン

津軽岩木スカイラインは、青森県で初めての有料自動車道で、県道弘前~鯵ヶ沢線の嶽温泉をすぎ、羽黒温泉郷付近から岩木山の8合目まで上る有料自動車道で、調査が開始されてから4年余りの歳月を費やし、昭和40年8月25日に開通したものです。

全長9.8キロ、その間69カーブあり、起点から1キロのところにゲート(料金所)があります。このゲートからいよいよカーブの連続、密生するブナの原生林を上るにつれて視界もだんだん広がり、日本海の波打ち寄せる海岸が白く見えてまいります。終点駐車場へ近づくに従ってその雄大さを増し、北は遠く北海道の松前崎、津軽半島の権現崎と十三湖、なだらかな弧を描く七里長浜、そして鯵ヶ沢から大戸瀬へと一目で見渡せます。眼下には、神秘の黒ン坊沼が見え、晴天の日ですと日本海に浮かぶ北海道江差追分で知られる大島、小島も一望におさめられ、その豪壮な眺めは全国有料道路中等一と称されております。


ターミナルでは主峰岩木山が目の前にそそり立ち白雲が足下をかすめ、高山特有の霊気につつまれます。駐車場から9合目の鳥の海(鳥海山)までリフトがあり、さらに山頂まで40分ほどで、ほどよいヒル・クライミングが楽しめます。

津軽岩木スカイライン

時間が遅いこともあり、既に何台か車が停まっていた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

天気もまずまずで、山頂からの展望も期待できそうだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

まずはインフォメーションセンターでトイレを借りる。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

もちろん水洗だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

洗面台。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

リフトで九合目へ

ここから登ってもいいのだが、今回はさらにリフトを乗り継ぐことにした。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

標高1,250mの八合目から標高1,470mの九合目を結んでいる。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

たった標高差200mなのだが、俺には結構重要(笑)

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

あっという間に終点だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

なにやら建物がある。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

どうやらトイレが設置されているようだ。

登山開始

ここから登山道だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

眼下に見えるのは、日本海だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

山頂もよく見えていて、楽勝だ、と思っていた、この時までは。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

なにせ九合目から山頂までは、わずか標高差165mしかない。

振り返ってみると、リフト降り場からは遊歩道のような道だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ということで、装備もリュックサックは持たずツレのショルダーバッグ一つだけの散歩モードだ。

ところが・・・

目の前に現れたのはなにやら険しい岩壁。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

さらに結構なガレ場を登らないといけないようだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

岩場に難渋する

避難小屋を通過。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

鳳鳴ヒュッテというそうだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

鳳鳴高校の生徒4名が遭難したことから建てられた。

そんなに険しいのかと、少し後悔しつつ先に進む。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

かなりの急斜面だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

岩木山山頂

岩場に難儀しながら登り続ける。

10:29岩木山の山頂に到着。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

存在感のあるモニュメントだ。

まずは奥宮を目指す。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

霊山らしく、いろんな碑が建っている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

山頂避難小屋の脇を抜ける。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

奥宮の碑が建っているが・・・

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ここはまだ再建予定地のままだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

その先に本殿が鎮座している。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ここからの景色は最高に素晴らしい。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

天気がいいこともあり、明日登る八幡平、岩手山、鳥海山まで一望できた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

津軽半島も一望で、お天気に恵まれたことに感謝だ。

下山

しばらく山頂でゆっくりした後、下山を開始。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

昨夜泊まったロックウッドホテルが見える。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ロックウッドホテル&スパ ⇒ 岩木山の裾野のリゾートホテル

距離は短かったが岩登りで思いのほか疲れたので、あそこから登らなくてよかったと思った。

さらに下りていく。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ようやくリフトに乗って、ホッと一息。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

11:45下山完了。

明日は八幡平の登山だ。

近くの民宿に移動するため、車で出発した。

民宿えのぐ箱 ⇒ 八幡平にほど近い画家の経営する宿

感想

今回は最短ルートを選択。

スカイラインを通り、リフトも使って2時間ほどで往復できた。

高低差も少ないので、お手軽登山ができる。

しかし岩場はかなり険しかったので、スニーカーではなく登山靴で登ることをおすすめする。

岩木山は弘前市内からの存在感は圧倒的で、当然だが山頂からの眺めも青森を一望できる絶景だった。

手軽なので、ぜひ登ってみて欲しい。

Total distance: 2866 m
Max elevation: 1627 m
Min elevation: 1248 m
Total climbing: 422 m
Total descent: -424 m
Total time: 02:08:56
Download