岩木山神社 ⇒  特徴的な狛犬に開運を願う

岩木山神社

岩木山神社とは

岩木山神社(いわきやまじんじゃ)は、青森県弘前市にある神社だ。

創建は古く、780年とされている。

祭神は顕国魂神(うつしくにたまのかみ)、つまり大国主神(おおくにのぬしのかみ)

さらに多都比姫神(たつびひめのかみ)、宇賀能売神(うかのめのかみ)、大山祇神(おおやまつみのかみ)、坂上刈田麿命(さかのうえのかりたまろのみこと)のあわせて5柱で、岩木山大神(いわきやまおおかみ)と称しているそうだ。

岩木山の登山口でもある。


それにしても、日本百名山の岩木山は「いわきさん」なのに、なぜ岩木山神社は「いわきやまじんじゃ」と「やま」と読むのだろう。

謎だ。

参道

この日は宿泊していたホテルを車で出発し、岩木山登山に向かった。
https://niyodogawa.org/blog/outdoor/car/onsen/8075/

実はホテルのすぐ上にも岩木山の登山口があるのだが、コースタイムが長いのでパス。

最もコースタイムが短い、スカイラインを使ったコースを目指したのだ。

そしてこのコースは、本来はこの岩木山神社がスタート地点となる。

8:48岩木山神社の駐車場に到着。

正面の鳥居の前が駐車スペースになっている。

鳥居を抜けると、長い参道が続く。

正面に見える岩木山が美しい。

途中に茶屋があり、足湯の看板が。

ソバ屋らしい。


楼門

さらに進むと、ようやく楼門が見えてきた。

入って左手に社務所がある。

祭りの準備をしているようだ。

幟を立てかけるのだろうか。

楼門はとても大きい。

1628年に建立され、国の重要文化財に指定されているそうだ。

その脇にある狛犬が、なぜか逆立ちしている。

反対側は、木登りしているようだ。

この狛犬は、玉垣狛犬(たまがきこまいぬ)と呼ばれている。

頭を上にした狛犬は金運アップのパワーを与えてくれて、逆立ちの狛犬は恋愛運アップのパワーを与えてくれると言われているそうだ。

一緒に写真を撮るといいらしいのだが、撮るのを忘れた(大汗;)

楼門には、武者像。

かなり古そうだ。

もともと寺の山門として作られたらしいので、仁王像が据えられていたのだろう。

明治の神仏分離により、この像に置き換えられたと思われる。

参拝

いよいよ拝殿にやってきた。

この神社は開運招福の神さまとして、信仰を集めている。

しめ縄が巨大だ。

開運、金運を願って参拝した。

白雲神社

先に進む。

多くの幟が立っている。

摂社の白雲神社への参道だ。

池の中に鎮座している。

浄化のパワーがあるそうだ。

厳かな気持ちになった。

散策

参拝を終え、境内を少し歩いてみた。

巨木の切り株。

登山道の入り口。

由緒書きでは、山頂まで4時間と書かれている。

吐水口があった。

岩木山からの湧水らしい。

かやぶき屋根の家。

さっきの土台に、幟を立てていた。

参道を駐車場に戻る。

この後、岩木山に登山した。
https://niyodogawa.org/blog/news/8133/

感想

素晴らしい神社だった。

立ち寄ってよかった。

ホテルから登山していたら、ここには立ち寄らなかっただろう。

コース選択が正解だったと言うことだ。

もちろんこの神社に寄れたことであって、決して登山道が楽だからではない(笑)