民宿えのぐ箱 ⇒ 八幡平にほど近い画家の経営する宿

えのぐ箱

民宿えのぐ箱とは

民宿えのぐ箱は、秋田県鹿角市の民宿だ。 ここはオーナーが画家で二科展に出品していると言うことで親しみを感じ、チョイスした。 「えのぐ箱」の名前は、画家が経営する民宿と言うことから来ているようだ。 「北投石の水」を飲めるのが売りのようだ。 玉川温泉が近いので、送迎もしてくれるようだ。

ランチ

この日は岩木山に登山した後、車で移動してきた。 お腹が空いたのでランチにしようと思ったが、適当な店が見つからない。 仕方なく、ローソンでバターチキンカレーを食べる。 結構美味しかったので、よしとしよう。

道の駅ひろさき

さらに進むと、高速道路の手前で道の駅が見えてきた。 道の駅ひろさきだ。 昼時と言うこともあり、満車だ。 海鮮丼の大きな看板がある。 さっきローソンでランチを済ませたことが後悔される。 中に入ると、凄い混雑だ。 1時を回っていたので、レストランの方は空いている。 さすがに何も食べられなかったので、とりあえずアイスクリームだけでも食べておくことにした。 なかなかおいしい。 さらに後悔が募る。 せっかくなので、りんごも買ってみた。 青森に来たら、欠かせないよね。

チェックイン

高速をしばらく走り、秋田県に入る。 その後一般道をしばらく走り、この日の宿を目指す。 民宿えのぐ箱に到着だ。 道路沿いだが、角度的にちょっと分かりにくい。 駐車場に車を停めると出迎えがあった。 「わさお」? 看板犬だ。 なかなかかわいい。 ザギトワ以来、秋田犬がブームになっているのも分かる。 部屋は2階で、和室だ。 二人には広すぎるくらいだ。 玉川温泉まで行くという選択肢もあったが、疲れていたこともあり民宿の風呂が沸くのを待つ。 風呂は岩風呂。 北投石だろうか。 効能があればいいが。 風呂から出て夕食まで時間があったので、とりあえずビール。

食事

夕食は、1階の食堂で食べる。 なかなかボリュームがあった。 どうやら我々以外には宿泊客はひとりだけのようだった。 工事関係者らしく、大分遅くに帰ってきた。 長期間宿泊している感じで、オーナーと親しげに話をしていたのが印象的だった。 せっかくなので、飾ってある絵も見せてもらった。 なかなかの実力派だ。 翌朝までグッスリ眠った後、朝食だ。 俺には十分すぎる。 食後、少しゆっくりしてから八幡平を目指した。
八幡平とは 八幡平(はちまんたい)は、岩手県、秋田県にまたがる日本百名山だ。 標高は1,613m。 紅葉の名所として知られ、また湿地帯...

感想

八幡平に行く道中と言うことで探して、見つけた民宿だった。 画家つながりという単純な理由だったが、思いのほか安く泊まれてお得だった。 部屋は広く、暖房も効いていて快適だった。 空いていたので、お風呂もゆっくり入ることができた。 八幡平まで近いので、登山する人にはお勧めだ。 次回は、玉川温泉にも入ってみたい。