備中国分寺(岡山県総社市) ⇒ 岡山県唯一の五重塔と梅林の競演が美しい名刹

備中国分寺

備中国分寺とは

備中国分寺(びっちゅうこくぶんじ)は、岡山県総社市上林(おかやまけんそうじゃしかんばやし)にある真言宗御室派の寺だ。

本尊は薬師如来(やくしにょらい)

備中国分寺備中国分寺跡は、聖武天皇が天平13年(741)に仏教の力を借りて天災や飢饉(ききん)から人々そして国を守ること (鎮護国家)を目的に建てられた官寺の一つです。
 その当時の境内は、東西160m、南北178mと推定されますが、江戸時代に再興された現在の備中国分寺があるため、 南門・中門以外の建物の位置は明らかではありません。しかし、創建当時の礎石が多く残されており、 当時を偲ぶことができます。国指定史跡。

備中国分寺 から引用

備中国分寺(岡山県総社市) ⇒ 岡山県唯一の五重塔と梅林の競演が美しい名刹
詳細ブログ 備中国分寺 は、 #岡山県 #総社市 #上林 にある #真言宗 #御室派 の #寺 だ。 #本尊 は #薬師如来 。 #国民宿...

駐車場

2021年3月8日、この日は渋川海岸を散歩した。

渋川海岸(岡山県玉野市) ⇒ 1km続く岡山県随一の規模を誇る白砂の海水浴場
渋川海岸とは 渋川海岸(しぶかわかいがん)は、岡山県玉野市渋川(おかやまけんたまのししぶかわ)にある海水浴場だ。 岡山県随一の規模を誇る...

そこから車で、備中国分寺に向かう。

国民宿舎サンロード吉備路に到着。国民宿舎サンロード吉備路に到着

駐車場はとても広い。

合計距離: 33814 m
最高点の標高: 83 m
最低点の標高: -3 m
累積標高(上り): 276 m
累積標高(下り): -260 m
総所要時間: 01:07:54
Download file: 20210308_移動.gpx

ここに車を停め、備中国分寺まで歩いて行く。ここに車を停め 備中国分寺まで歩いて行く

ウォーキング

まず、観光案内看板でルートを確認。まず 観光案内看板でルートを確認

国道429号線の下をくぐる。国道429号線の下をくぐる

このあたりは古墳が多く点在するので、いかにもな景色が広がっている。このあたりは古墳が多く点在するので いかにもな景色が広がっている

江崎橋(えざきばし)という雰囲気のある橋を通過。江崎橋 えざきばし という雰囲気のある橋を通過

レトロな車があった。レトロな車があった

梅がきれいだ。梅がきれいだ

五重塔

五重塔を入れて写真を撮りまくった。五重塔を入れて写真を撮りまくった

岡山県唯一の五重塔で、重要文化財に指定されている。岡山県唯一の五重塔で 重要文化財に指定されている

弘化元年(1844)ごろに完成し、34.32mの高さがある。

奈良時代は七重塔だったそうだ。

境内

萱葺き屋根の客殿・勅使門。萱葺き屋根の建物

本堂。本堂

大師堂。大師堂

奈良時代の国分寺跡は現在の場所と重複していて、全容は明らかで無い。
奈良時代の国分寺跡は現在の場所と重複していて 全容は明らかで無い

山門。山門

帰路

山門を出ると、気持ちのいい風景が広がっている。山門を出ると 気持ちのいい風景が広がっている

南門跡。南門跡

天平13年(741)に聖武天皇の指示で建てられた。天平13年 741 に聖武天皇の指示で建てられた

菜の花もきれいだ。菜の花もきれいだ

帰路は、古代吉備王国ランニングコースになっていた。帰路は 古代吉備王国ランニングコースになっていた

国民宿舎サンロード吉備路まで戻ってきた。国民宿舎サンロード吉備路まで戻ってきた

鶴の保護地に向かった。

サンロード吉備路(岡山県総社市) ⇒ 温泉付きの国民宿舎に丹頂鶴の保護施設が併設
サンロード吉備路とは 国民宿舎サンロード吉備路(きびじ)は、岡山県総社市三須(おかやまけんそうじゃしみす)にあるホテルだ。 温泉があり、...
合計距離: 4763 m
最高点の標高: 25 m
最低点の標高: 9 m
累積標高(上り): 77 m
累積標高(下り): -80 m
総所要時間: 01:29:55
Download file: 20210308_国分寺.gpx