十和田湖 ⇒ 美しい湖畔をゆっくり散歩

十和田湖

十和田湖とは

十和田湖(とわだこ)は、、青森県十和田市と秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖だ。 火山によってできたカルデラ湖で、大きなカルデラの中に小さなカルデラができた二重カルデラになっているため、カタカナの「ヨ」のような形が特徴的な湖だ。 大きな湖のイメージがあったのだが、面積では日本で12番目ということだ。

蔵王温泉から車で移動

この日は宿泊していた蔵王温泉善七乃湯で朝食を済ませ、高速道路で十和田湖を目指した。
蔵王温泉とは 蔵王温泉(ざおうおんせん)は、山形県山形市にある温泉地だ。 強酸性の泉質で、多くの共同浴場や日帰り入浴施設がある。 ...
というのも、天気予報が雨だったため登山を断念して観光する事にしたためだ。 雨の中を登山するのは嫌だからね。 途中、セブンイレブンでランチ。 実は秋田県に入ったのは、この時が初めてだ。 これで立ち寄っていない都道府県は富山県だけとなる。 たかがこれだけのことだが、なんだか感激。

初荷峠展望台

13:09初荷峠展望台(はっかとうげてんぼうだい)に到着。 雨を覚悟していたのだが、幸い降っておらず、十和田湖を一望できた。 十和田湖観光には、ここは見逃せないスポットだ。 パノラマでも撮ってみた。

駐車場

初荷峠をあとにし、十和田湖に向かう。 すぐに駐車場に到着だ。 車を停め、湖を散策する事にした。 十和田湖に来たのも初めてなので、とりあえず看板に従って乙女の像に向かう。 なぜか梅宮辰夫の像が・・・ 気になりつつも先へ進む。

十和田神社

やがて十和田神社(とわだじんじゃ)の鳥居に到着。 いい感じの参道が続いている。 参道の杉の木もなかなかの太さだ。 神社に到着。 参拝する。 祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)だ。 なかなか立派な社殿だ。 摂社にも参拝する。 占場。

乙女の像

神社をあとにし、湖の方向に進む。 ひときわ人だかりがあるのが、乙女の像のようだ。 確かに絵になる風景だ。 詩人の高村光太郎の作だ。

湖畔を散策

乙女の像から駐車場に向かって湖沿いの道を歩く。 途中にいくつかの社が散在する。 火の神。 気持ちのいい道だ。 ボート乗り場まで帰ってきた。 ここから駐車場まですぐだ。 この後、奥入瀬渓流散策に向かった。
奥入瀬渓流とは 奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)は、、青森県十和田市にあるる奥入瀬川の渓流だ。 奥入瀬川は十和田湖から流れ出す唯一の川で...

感想

始めて十和田湖に来たが、思っていた以上に美しい湖だった。 外国人観光客がひしめいていて完全に俗化されているが、それでも十和田神社は荘厳さを保っていた。 雨にも降られず、来てよかった。
合計距離: 1563 m
最高点の標高: 416 m
最低点の標高: 394 m
累積標高(上り): 34 m
累積標高(下り): -34 m
総所要時間: 00:28:03
Download file: 20180908_十和田湖.gpx