フラノマルシェ(北海道富良野市) ⇒ 広い駐車場があるショッピングセンター【北海道旅行18日目その7】

シェアする

フラノマルシェ

フラノマルシェとは

フラノマルシェは、北海道富良野市幸町(ほっかいどうふらのしさいわいちょう)にあるショッピングセンターだ。

フラノマルシェとは | Furano Marche「フラノマルシェ」は、わがまち富良野をこよなく愛する市民の発案と行動力によって誕生した「民間施設」です。運営しているのは、地元の企業・個人が出資し設立した「ふらのまちづくり株式会社」。地域センター病院の移転によって空き地となった2000坪の広大な跡地を活用し、寂れつつあった富良野の中心市街地を再生しようと、熱意と志ある人々が立ち上がり、苦節4 年、幾多のハードルを乗り越え、平成22年に完成に至りました。

私たちがめざしているのは通過型の「道の駅」ではなく、富良野ならではの「食文化」を通して、老若男女が楽しく集い交流する「まちの縁側」です。

フラノマルシェとは | Furano Marche から引用

イベントなども開催されているようだ。

フラノマルシェの基本情報 【北海道じゃらん】 - 北海道の観光情報、お土産、日帰り温泉、グルメ富良野最大の農産物直売所や、地元食材で作られたスイーツ、物産品などが揃う4つのエリアに分かれた建物が隣接している食の宝庫。また、イベント広場では富良野の食材を中心とした物産店などののイベントも実施予定。観光客には、富良野を知る専属ガイドが観光の相談にものってくれる。

フラノマルシェの基本情報 【北海道じゃらん】 – 北海道の観光情報、お土産、日帰り温泉、グルメ から引用

富良野らーめん花道〜フラノマルシェ〜ジェットコースターの道 ⇒ 【北海道旅行18日目その6】

駐車場

この日は富良野らーめん花道でランチを済ませた。

富良野らーめん花道は、北海道空知郡上富良野町旭町にあるラーメン店だ。とても美味しかった。お腹がとても空いていたこともあり、あっという間に完食した。おすすめの丼も気になったが、ダイエットを考え自重(苦笑)種類が多く価格もそれなりなので、毎日通っても良さそうだ。

そこから車で、フラノマルシェへやってきた。

駐車場への入り口が分からず、一周回ってしまった(汗;)

駐車場はとても広い。

店内

さっそくソフトクリームの看板が目に入るが、ここは一旦自重(笑)

道路を挟んで1と2に分かれているようだ。

富良野市の中心街だが、広々している。

広い物産店があった。

ツレが土産物店に入り浸っている(汗;)

その間、店内をウロウロ。

一番奥の店で、アイスクリームを買う。

「限定」の文字に弱いのだ(笑)

けっこうメロンがたくさん入っていた。

これで500円なら納得だ。

さらに、揚げドーナッツも購入。

車内で頂いた。

帰路

車で宿泊地に戻るのに、せっかくなのでジェットコースターの道を通ることにした。

北海道上川郡美瑛町にあるジェットコースターの路は、約4kmの直線道路がアップダウンを繰り返すためジェットコースターに乗っているかのような体験ができる道路だ。パノラマロード江花は、直線道路と広がる農園、富良野岳の大展望を楽しめることで人気がある。ともに北海道でなければ体験できない景色で、ぜひ訪れたい。

美しい景色を楽しみながら、ペンションに戻った。

美瑛ペンション星ヶ丘は、北海道上川郡美瑛町字みどりにあるペンションだ。眺めがよく、天体望遠鏡で星空観測をすることができる。大型の望遠鏡を覗いたのは、何年ぶりだろうか。何回見ても、興奮する。いろいろ星を見せていただいて、大満足だ。夕日もとてもきれいに見えた。

感想

大きなショッピングセンターだった。

イベントスペースも広く、シーズンになると賑わいそうだ。

お土産物も多く、ここで大体は事足りそうだ。

駐車場も広いので、おすすめ。

合計距離: 106499 m
最高点の標高: 1052 m
最低点の標高: 163 m
累積標高(上り): 1611 m
累積標高(下り): -1601 m
総所要時間: 05:55:28
Download file: 20190926_望岳台.gpx