霧ヶ峰⇒湿原を周遊しながら百名山を制覇できるお手軽コース(日本百名山21座目)

霧ヶ峰(車山)

霧ヶ峰とは

霧ヶ峰(きりがみね)は、長野県茅野市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町、小県郡長和町にまたがる火山だ。最高峰は車山(くるまやま、標高1,925m)。

東京から近くアクセスもよい。スキー場がある上に近くには白樺湖などの観光地も点在し、季節を問わず多くの観光客が訪れている。
かく言う俺も学生時代からここのスキー場に通った口だ。昨年に蓼科山に登った時、山頂から車山を見下ろし、懐かしく思った。
https://niyodogawa.org/blog/outdoor/climbing/100meizan/543/

久しぶりに車山に登ることでワクワクしながら、車を走らせた。

車山肩から登山開始

車山山頂へはスキー場リフトが通じており、これを利用するのが一般的だ。もちろんスキーシーズンならそうするのだろうが、せっかくなので湿原を周遊したりしながらリフトを使わずに山頂に向かうことにした。
登山口にしたのは、車山肩という場所だ。

ここにはレストランや山小屋があり、駐車場が整備されている。

8:40駐車場に到着。既に何台か車が駐車していた。

さっそくレストランの横を抜けて登山道に入る。トイレが整備されていた。この日は腫れていたが、山頂方面は霧がかかっていた。

まずは山頂ではなく湿原を目指す。沢渡の方へ向かうことにした。

湿原を眺めながらの気持ちいい散策

このコースは高低差もほとんど無く、気持ちのいい散策路だ。

御射山遺跡に来た。

木道に出た

ゲートを抜けると八島ヶ原湿原だ。

非常に広い。

大小の池塘が広がる。

自然の営みが見られる。

途中で小雨に見舞われて、レインウエアを着込むことになった。

トイレも設置されいて安心だ。

山頂に向かう

湿原から登り返し、車山の山頂を目指すことにした。

夫婦岩に到着。

すっかり晴れてきた。

山頂のレーダーが見えた。あと少しだ。

出発した車山肩の山小屋も見えた。

車山乗越に到着。

あと少しだ。
と思ったら、スキーリフト下の急斜面に大苦戦(汗;)

白樺湖の絶景を楽しむ余裕もなかった。

リフト降り場を通過。

山頂は目前だ。

12:25車山山頂に到着。

素晴らしい眺めだ。

風が強い。
風を避けながら、コンビニおにぎりでランチ。

急いで下山

この日はこのあと美ヶ原にも行く予定だ。

美ヶ原⇒どこまでも広がる牧草地をひたすら歩く(日本百名山22座目)
美ヶ原とは 美ヶ原は長野県松本市、上田市、小県郡長和町にまたがる高原で、日本百名山に選ばれている。 最高峰は王ケ頭(標高2,034m)だ...

このため先を急いで、下山することにした。

山頂から車山肩まではすぐだ。駐車場が見えてきた。

13:35駐車場に到着。

バスも停車していて、駐車場は少し混み合っていた。

感想

スキーでは何度も来たことのある車山だが、歩いたのは初めてだった。湿原の周遊など楽しみ方が色々あることを再認識した。

次回は久しぶりにスキーもしたいものだ。

合計距離: 10556 m
最高点の標高: 1942 m
最低点の標高: 1631 m
累積標高(上り): 501 m
累積標高(下り): -496 m
総所要時間: 04:51:25
Download file: 20170908_車山.gpx