八甲田山 ⇒ 雄大な火山を周遊して湿原を楽しむ(日本百名山30座目)

八甲田山

八甲田山とは

八甲田山(はっこうださん)は、青森県青森市の山だ。

日本百名山で、最高峰は大岳(おおたけ) (1,584m)、コースタイムは5時間だ。

 

中腹には毛無岱(けなしたい)などの高層湿原が広がっており、紅葉の名所としても知られる。

八甲田ロープウェーがかかっており、比較的簡単に登山できることから人気が高い。

 

また周囲は豪雪地として知られ、新田次郎の小説「八甲田山死の彷徨」を原作とする映画「八甲田山」は、高倉健主演で大ヒットした。

登山口には、雪景色が有名な酸ヶ湯温泉がある。

酸ヶ湯温泉 ⇒ 噂の千人風呂で混浴体験

2013年2月に観測史上最高の積雪566mmを記録した。

駐車場

この日は青森駅前のホテルに宿泊していた。

青森ハイパーホテルズパサージュ ⇒ 青森駅前のビジネスホテル

ホテルで朝食を済ませ、車で八甲田山を目指す。

酸ヶ湯温泉前から少し坂道を上ったところに、無料駐車場がある。

酸ヶ湯温泉の駐車場に、8:44到着。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

この日は好天に恵まれていることもあり、既に車が停まっていた。

まずはトイレを借りる。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

水洗できれいなトイレだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

和式の便器。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

温水便座ではないが、洋式もあった。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

登山開始

まずはルート確認。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

インフォメーションセンター。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

登山口から、いざ登山開始。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

まず、鳥居を抜ける。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

八甲田山は山自体が神域だ。

つまり、ここからさきは全て境内と言うことになる。

始めは整備された道が続く。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

もっとも前日までの雨で、こんな状況ではある。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

眺めのいい登山道だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

人気があるのもうなずける。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

と、蛇を発見。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

地獄谷

しばらく上っていくと、荒涼とした場所に出た。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

どうやら硫黄分を含むガスが流れ出るため、こんな状態になるようだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

地獄谷(じごくだに)と呼ばれている場所だ。

そういえば、流れている川の石の色は黄色っぽい。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

だから、草木が生えないようだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ガスを吸い込まないように、足早に進む。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

湿原

地獄谷を登り切ると、木道が現れた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

仙人岱(せんにんたい)という湿原だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

水場がある。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ここでペットボトルに水を補給。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

「辰五郎」という名が付いているそうだ。

この付近は7月まで雪が残るため高い木が生育できないとの説明があった。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

池塘(ちとう)が美しい。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

あいにく、ガスが広がってきた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

小岳 (こたけ)との分岐に到着。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

今回は直接大岳を目指す。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

山頂へ

湿原から大分標高を上げてきた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

少し晴れ間も見えてきて、山頂からの展望が楽しみだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

あと少しだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

鏡沼に到着。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

爆裂火口の後だそうだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

祠に参拝。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

11:16八甲田山最高峰の大岳山頂に到着。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

残念ながら、周囲は真っ白だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

かろうじて周辺の山が見える程度だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

パノラマでも撮ってみたが、どこを見ても雲がかかっている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

山頂で、コンビニで買ってきたおにぎりとカップ麺でランチ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

卵焼きとバナナも付けてみた。

下山開始

ランチを済ませ、下山することにした。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

展望は開けないままだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

赤倉岳への分岐に到着。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ここの避難小屋のトイレを借りる。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

利用したツレの報告では、なかなかの怖さだったそうだ(汗;)

そうこうしていると、少し雲も切れてきた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

斜面をどんどん下っていく。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

上毛無岱

ロープウェイ乗り場への分岐に到着。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ここから先は、湿原が広がっている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

上毛無岱(かみけなしたい)という湿原だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

こころなしか草紅葉っぽくなっている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ひたすら木道を進む。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ところどころに、こんな休憩所が設置されている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

さっき登ってきた大岳の雄姿が美しい。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

湿原の説明看板。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

下毛無岱

やがて階段にさしかかった。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

下毛無岱(しもけなしたい)という湿原が広がっている。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

じつに素晴らしい眺めだ。

ここからの眺めは必見だ。

階段を下りきると、木道が続く。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

きのせいか池塘の雰囲気も上毛無岱とは違っているようだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ちらほら紅葉も見受けられる。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

下山後のお楽しみ

さらに登山道を進む。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

酸ヶ湯温泉が見えてきた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

14:38酸ヶ湯温泉に到着。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

と、ある物を見つけた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

そう、登山後のお楽しみだ。

頼んだのは、いつものソフトクリームだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

翌日は岩木山の登山の予定なので、宿泊先を目指して車で移動した。

ロックウッドホテル&スパ ⇒ 岩木山の裾野のリゾートホテル

感想

すばらしい山だった。

登って楽しい山だった。

湿原歩きも、気持ちよかった。

しかし残念ながら、山頂から陸奥湾や他の山々を見られなかった。

それが心残りだ。

手軽に登れるので、また来てみたい。

Total distance: 9195 m
Max elevation: 1585 m
Min elevation: 892 m
Total climbing: 755 m
Total descent: -764 m
Total time: 06:11:54
Download