大歩危、小歩危 ⇒ 吉野川が削った断崖の上を歩く

大歩危、小歩危

大歩危、小歩危とは

大歩危(おおぼけ)、小歩危(こぼけ)とは、徳島県三好市山城町の吉野川(よしのがわ)沿いの渓谷だ。

切り立った岩壁が続く景観美で人気が高い。

大歩危→「大股で歩くと危険」
小歩危→「小股で歩いても危険」

から名付けられたとされているが、どうやら違うらしい。

ラフティングのメッカとしても知られ、国際大会も開かれている。


ラピス大歩危

この日は自宅を車で出発、ラピス大歩危にやってきた。
https://niyodogawa.org/blog/outdoor/car/station/9573/

ここは道の駅なので、駐車場が広い。

ここに車を停め、大歩危、小歩危を散策することにした。

この日は11月14日、少し紅葉してきている。

妖怪街道

やがて橋が見えてきた。

ここから大歩危峡の看板が出ている。

橋のたもとには、ろくろっ首の像が建っている。

この川を遡っていくと、妖怪街道がある。

散策路として、妖怪の像が何カ所かに建てられているそうだ。


大歩危峡まんなか

やがて、大きな建物が見えてきた。

大歩危峡まんなかだ。

レストランや宿泊施設がある。


ここは、大歩危の観光遊覧船が発着している。

観光船には帰りに乗ることにした。

大歩危

先に進む。

天然記念物の看板。


その横に立っている碑は、後藤新平の句碑だ。


眼下を流れる吉野川は、紅葉が始まっていた。

遊覧船が行き交っている。

国定公園大歩危の石碑までやってきた。

ここから見ると、谷が深いことがよく分かる。

さらに先に進んでいく。

川の緑、空の青、紅葉の赤が見事なコントラストを描いている。

RiverStation West-West

建物が見えてきた。

RiverStation West-Westだ。


ローソンは開店準備中だった。

mont-bellの店舗もあった。

展望台に出てみる。

展望台からの眺めは素晴らしい。

フィールドアスレチックを発見。

ツリートレッキングと書かれている。

高度感が半端なく、子供は無理じゃないのかな?


もみじ亭

West-Westの隣に、日本蕎麦の店がある。

もみじ亭だ。


ここでランチする予定でやってきたのだが、、、

なんと「本日休業」の札がかけられていた。

あきらめきれず、敷地内に入ってみた。

築200年以上の古民家を移築したそうだ。

このみごとな紅葉を見ながら、祖谷蕎麦を食べるはずだったのに。

小歩危

少し先に進むと、吉野川に鉄橋が架かっている。

ちょうど列車がやってきた。

列車と行っても1両編成だが。

この鉄橋の先が、小歩危だ。

サンリバー大歩危

大きな建物がある。

サンリバー大歩危だ。

温泉、レストラン、宿泊施設がある。


入ってみることにした。

もみじ亭が定休日だったので、ここでランチをと思ったのだが、、、

ここも営業していなかった。

引き返す

その先の森林組合まで歩いてきた。

しかし、ここにあるうどん店も定休日だ(涙)

ついにランチにありつけなかった。

しかたなく、ここで引き返すことにした。

徳島ラーメンにし利

もみじ亭まで戻ってきた。

west-west内にある、徳島ラーメンにし利でランチすることに。

ここは営業していることを、来る時にチェックしていたのだ。


徳島ラーメンとチャーハンを頼んだ。

思いもかけずランチが遅くなったので、ようやくありつけたラーメンが腹に染みた。

instagramでシェアすると煮卵がもらえた。

ラッキー!

感想

少し早いかとも思っていたが、割と紅葉していて楽しめた。

歩くコースは国道沿いなのでアップダウンもなく、楽に歩けた。

景色は素晴らしい。

車で通るより歩いて観光することを強くおすすめする。

合計距離: 11278 m
最高点の標高: 205 m
最低点の標高: 143 m
累積標高(上り): 412 m
累積標高(下り): -400 m
総所要時間: 02:50:28
Download file: 20181114_大歩危.gpx