RVパークやまなみの湯 ⇒ 温泉入り放題!涼しい公園内での快適車中泊

RVパークやまなみの湯

RVパークやまなみの湯とは

RVパークやまなみの湯(あーるぶいぱーくやまなみのゆ)は、山梨県南アルプス市西南湖(やまなしけんみなみあるぷすしにしなんご)にある温泉だ。

温泉「やまなみの湯」広大なスポーツ公園を併設する大型日帰り温泉施設。

県内外から多くのお客様をお迎えし、運動施設や遊歩道、芝生広場で汗を流した後は、バラエティ豊かな温泉に浸り、リラックスしたひとときを。

南アルプス市のフルーツ郷に近く、館内では地元の特産品も展示・販売。

観光の後は、温泉でゆっくり疲れを癒し、素敵な時間をお過ごしください。

温泉「やまなみの湯」から引用

RVパークとは、車中泊できる設備が整った駐車場をいう。

RVパークのご案内|くるま旅公式WEBサイトRVパークとは、キャンピングカーオーナー様や車中泊ファンの皆様に、『快適に安心して車中泊が出来る場所』を提供するために日本RV協会が推進しているシステムです。

全国の道の駅をはじめ、日帰り温泉施設、オートキャンプ場や湯YOUパークとの連携で、今後日本各地に続々オープン予定です。
あなたの新しい気軽な旅のスタイルとしてRVパークをぜひご利用ください。

RVパークのご案内|くるま旅公式WEBサイトから引用

車中泊なら道の駅でもサービスエリアでもできるのだが、基本的にこうした場所は宿泊は禁止で、休憩のみ認められている。

つまり、休憩という名目で車中泊しているというグレーゾーンなのだ。

その点、RVパークは宿泊が公認されており、さらにゴミの処理や電源の利用ができたりするので、有料ではあるが利用する価値が高い。

今回の旅行では既に車中泊4泊目ということでゴミも溜まってきて、ポータブル電源の容量も不安だったこともあり、こうしたサービスがあるRVパークを探してRVパークやまなみの湯を見つけた。

駐車場

この日は空木岳登山を終え、早太郎温泉こまくさの湯でランチを楽しんだ。

早太郎温泉こまくさの湯 ⇒ 空木岳登山で疲れた体に染み渡る温泉

食後、車でRVパークやまなみの湯にやってきた。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

駐車場は、とても広い。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

意外と空いている。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

受付

時間は17時、さっそく受付に向かう。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

中は、一般的な温浴施設だ。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

受付で料金を支払い、ゴミ袋をもらう。

ゴミの回収をしてくれるのは、ありがたい。

しかも分別の必要が無い(分別してくれる)という。

指定されたのは、キャンピングカーの隣だ。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

ここは南アルプス市。

気温は23度と、車中泊には快適な気温だ。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

駐車スペースには、電源ボックスがある。

ここからコードで車内に電気を引き込む。

ポータブルバッテリーを充電するのも、5日ぶりだ。

しかし電源ボックスは横開きで、電源コードのプラグが干渉して締まらない。

この日は雨の予報があったので、ボックスの蓋を閉めないと漏電の危険がある。

受付でその旨を申し出たら、ちゃんとビニール袋でカバーしてくれた。

周辺

RVパークやまなみの湯は、ふれあい公園に隣接している。

自噴温泉「やまなみの湯」緑豊かで広大な芝生広場や遊歩道では、四季折々の風景を楽しみながらピクニックやウォーキングがお楽しみいただけます。公園内には、ゲートボール場2面(屋根付き1面・屋根なし1面)やテニスコート2面など、運動施設も充実。さらに子どもたちが気軽に遊ぶことができるローラースライダーやターザンロープなどの遊具もあり、大人からお子様まで楽しく憩いの時間をお過ごしいただけます。

自噴温泉「やまなみの湯」から引用

ここは運動公園で、駐車スペースのすぐ隣はテニスコートになっていた。

トイレは、テニスコート脇の公衆トイレが一番近いということだった。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

もちろん水洗。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

ウォシュレットがないのが残念だ。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

温泉

さっそく温泉に入りに行く。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

この日は登山後に早太郎温泉こまくさの湯で汗を流してきたのだが、せっかく温泉に来たので、また入ることにしたのだ。

通常なら自動販売機で入浴券を買って渡すのだが、RVパーク利用者は入浴券にスタンプを押してくれ、その入浴券を見せるだけで翌日12時まで利用できる。

何度入ってもいいらしいので、これは嬉しい。

左側に、浴室がある。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

露天風呂もあり、ゆっくりした。

レストラン

館内にレストランがあるということなので、利用することにした。

しかし、誰もいない。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

もう6時半なので、もっと利用者がいると思っていたのでちょっとビックリだ。

受付のおばちゃんに、オーダーする。

風呂上がりのビールは最高。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

生姜焼き定食とコロッケを頼んだ。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

味を心配していたが、まあ合格点だ。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

車中泊

車に戻って、車中泊。

網戸が大活躍。

フリードプラスに網戸を付ける ⇒ まるで純正品のような完璧な仕上がり

涼しくて、快適に寝られた。

翌朝

翌朝の車内温度は、19度。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

外気温は17度だ。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

高知と違って南アルプス市は、9月でも涼しい。

朝食にする。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

しかし、日が昇ってくるとさすがに暑くなってきた。

さすがに網戸では暑すぎる。

この時間帯は人気も少なかった。

New photo by 徳弘効三(とくちゃん) / Google Photos

そこで、ドアを全開にすることにした。

リアドアを開け網戸を外すと、風が吹き抜けて涼しい。

このまま温泉のオープン時間まで車で滞在する。

再び温泉へ

温泉が午前10時からなので、もう一度入りに行く。

風呂上がりに、昨日は受け付けていなかったマッサージをすることにした。

空木岳の登山で、足はパンパンに腫れている。

じっくりマッサージしてもらった。

いざ東京へ

この日はツレを羽田空港まで迎えに行くことになっている。

ナビで調べた所要時間から逆算して、RVパークやまなみの湯を出発した。

感想

RVパークを利用したのははじめてだったのだが、とても快適だった。

ちょうどゴミが溜まってきていたので、ゴミの処理をしてくれるのはとても助かった。

また場所的に気温が低く、快適に眠ることができた。

温泉が付いていて、しかも翌日12時まで何度入ってもいいというのはかなりお得だ。

風呂上がりにビールを飲めるし、言うこと無しだ。

この近くで車中泊するなら、道の駅などではなく料金を払ってでもここにするべきだ。