大田口カフェ ⇒ 国道32号線沿いのアウトドア雰囲気満点の喫茶店

大田口カフェ

大田口カフェとは

大田口カフェ(おおたぐちかふぇ)は、高知県長岡郡大豊町寺内(こうちけんながおかぐんおおとよちょうてらうち)にある喫茶店だ。
大田口カフェ | 大豊ナビお店の外観から店内まで、全てにおいて手作りの温かさが感じられるアットホームなカフェです。 食事は地元の食材を使い、一品一品ていねいに手作りで作られています。
大田口カフェ | 大豊ナビから引用
ラフティングも受け付けているようだ。
大田口カフェLIFEcafe店主が川をフィールドにオリジナルのイベントを開催していきます。大人も子供も楽しめる、心に残る体験を提案します!
大田口カフェLIFEから引用

駐車場

この日は自宅を車で出発し、大田口カフェにやってきた。 店の両サイドに併せて15台ほど停められそうだ。

店内

店頭は、アウトドアな雰囲気。 アーリーアメリカンな外観だ。 入り口すぐに、小物が置かれている。 店内は窓が大きく取られた明るい部屋。 この日は2019年11月20日で肌寒く、薪ストーブがガンガン燃えていた。 天井が高く、開放的だ。 窓際の席からは、吉野川を見下ろせる。 トイレはタイル張り。 水洗だが和式なのが残念。

メニュー

皮の手帖のようなものが、テーブルに置いてあった。 これがメニューだ。 ドリンクメニュー。 オープンして11年になるようだ。 和風ランチを頼んだ。 この日は肉巻きフライだった。 ツレはひよこ豆のカレー。 あまり辛くない。 食事を終え、定福寺に向かった。
定福寺とは 粟生聖天定福寺(あおうしょうでんじょうふくじ)は、高知県長岡郡大豊町粟生(こうちけんながおかぐんおおとようちょうあおう)にある...

感想

外観はなんだか暗そうな感じがするが、店内は意外なほど開放感がある。 この日は2019年11月20日で紅葉シーズンと言うこともあり、窓からの景色も良かった。 家族3人で切り盛りしているようなので、若干料理が出てくるのが遅い気がする。 仕事の途中でランチに立ち寄るには、注意が要りそうだ。 ただ店の雰囲気からすると、スローライフの人が利用すべきなのかも知れない。 ナイフなどアウトドア用品も販売しており、自然をゆっくり楽しむときに利用するといいだろう。