出雲大社 ⇒ 神々が集う神無月に願をかける

出雲大社

出雲大社とは

出雲大社(いずもおおやしろ)は、島根県出雲市大社町にある神社だ。 一般的には「いずもたいしゃ」と読まれるが、正式には「いずもおおやしろ」と読むようだ。 大国主命(おおくにのぬしのみこと)を祀り、縁結びの神様として知られている。 つまりここが、いの町にある椙本神社の総本宮だ。 そして出雲国の一宮でもある。

出雲大社に向かう

前日は津和野観光をしてから、出雲大社の参道にある旅籠屋というモーテルに宿泊していた。
津和野とは 津和野は島根県鹿足郡津和野町で、山陰の小京都として知られる。 俺の世代だと、an・anやnon・noで萩とセットで紹介され、...
朝、モーテルで朝食。 パンとドリンクがバイキング形式で用意されている。 食事を済ませ、参拝に出かける。 目の前が参道だ。 出雲大社駅前を通過。 ここは一畑電車の駅だ。 ステンドグラスがはめ込まれた天井。 レトロな雰囲気が満ちている。 有名なJRのかつての駅は路線廃止で使われていないそうだ。

いよいよ境内へ

出雲大社に到着。 ここにあるスターバックスは、景観に配慮した建物になっていた。 こうした配慮が嬉しい。 参道が続く。 鳥居のあたりは昔は砂丘だったそうで盛り上がっているので、参道はゆるやかに下っている。 菊の展示会をしていた。 参道は砂利敷きで、両側に舗装路がある。 これは、参道の中央は神様が通る道であり、人間はそこをよけて両側を歩かないといけないからだ。 大国主命の銅像があった。 縁結びの神様のいわれ。 拝殿が見えてきた。 巨大だ。 かつては、もっと大きかったらしい。 さっそく参拝。 一般的に神道では「2礼2拍手1礼」だが、ここ出雲大社だけは「2礼4拍手1礼」の作法に則って参拝することになっている。 本殿を一周してみた。 この後は、車で日御碕灯台へ移動だ。

感想

出雲大社に参拝したのも何十年ぶりだろうか。 記憶にあったのとは、ずいぶん違った印象だった。 ちょうどこの日は神無月。 神様が出雲に行ってしまい、各地で神様不在になる月だ。 日本中の神様がここに集まっていたはずだ。 このため、島根県だけは「神在月」となるそうだ。 願い事が叶うかな(笑)
Total distance: 2394 m
Max elevation: 18 m
Min elevation: 1 m
Total climbing: 51 m
Total descent: -44 m
Total time: 00:56:44
Download