出釈迦寺/香川県善通寺市【四国八十八箇所霊場第73番札所】弘法大師が崖から身を投じた「捨身ヶ嶽禅定」伝説の地

出釈迦寺

出釈迦寺とは

我拝師山求聞持院出釈迦寺(がばいしざんぐもんじいんしゅっしゃかじ)は、香川県善通寺市吉原町(かがわけんぜんつうじしよしわらちょう)にある真言宗御室派の寺だ。

四国八十八箇所霊場の第73番札所で、本尊は釈迦如来(しゃかにょらい)

我拝師山 求聞持院 出釈迦寺 – (一社)四国八十八ヶ所霊場会出釋迦寺の開基には、弘法大師幼少期の数ある伝説のひとつ「捨身ヶ嶽」縁起にゆかりがあります。それは、弘法大師が“真魚”と呼ばれていた7歳の時。我拝師山に登り「私は将来仏門に入り、仏の教えを広めて多くの人を救いたい。私の願いが叶うなら釈迦如来よ、姿を現したまえ。もし叶わぬのなら一命を捨ててこの身を諸仏に捧げる」と、断崖絶壁から身を投じました。すると、紫色の雲が湧き、釈迦如来と羽衣をまとった天女が舞い降り、雲の中で弘法大師を抱きとめました。命を救われ、願いが叶うことを示された弘法大師は、青年になって我拝師山の山頂で刻んで安置し、堂宇を建てたといいます。

この場所は「捨身ヶ嶽禅定」といわれ元は札所でしたが、今は寺の奥の院となり、境内から急坂を50分ほど上がった場所にあります。弘法大師が虚空蔵菩薩の真言を100万回唱える「求聞持法」を修めたことから「求聞持院」という院号がつきました。ここで拝むとすばらしい記憶力が得られ、学業成就や物忘れにご利益があるといわれています。

また、弘法大師が身を投じた場所は、ここからさらに50mほど登った場所にあります。下を見れば足のすくむような深い谷底ですが、眼下には讃岐平野や瀬戸内海を一望できる絶景が広がります。

我拝師山 求聞持院 出釈迦寺 – (一社)四国八十八ヶ所霊場会 から引用

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

駐車場

2022年1月28日、この日は大江戸温泉物語ホテルレオマの森に宿泊していた。

アルペンアウトドアーズ宇多津店【ショッピング】〜大江戸温泉物語ホテルレオマの森【温泉ホテル】
飯野山に登山したあと、アルペンアウトドアーズ宇多津店でショッピング。NEWレオマワールドに到着。今回はホテルだけ利用するためにやってきた。大江戸温泉物語の運営になって、雰囲気は随分変わった。ツインルームに温泉、大満足のバイキングで1泊5,000円台だ。

そこから車で、出釈迦寺(しゅっしゃかじ)にやってきた。出釈迦寺 しゅっしゃかじ にやってきた

すぐ手前に第72番札所の曼荼羅寺(まんだらじ)がある。

そこの駐車場は有料と書かれていたので、すかさず(笑)ここまでやってきた。

合計距離: 17041 m
最高点の標高: 159 m
最低点の標高: 21 m
累積標高(上り): 120 m
累積標高(下り): -183 m
総所要時間: 00:32:04
Download file: 20220128_丸亀市移動.gpx

出釈迦寺の駐車場は無料でとても広い。出釈迦寺の駐車場は無料でとても広い

曼荼羅寺まで歩いて行けば、駐車場料金の節約になる(笑)

駐車場から善通寺市の市街地が一望できる。
駐車場から善通寺市の市街地が一望できる

参道

奥の院は空海(弘法大師)が7歳の時に断崖から飛び降りた山頂にあるが、境内から急坂を1.4km上がる必要がある。奥の院は空海 弘法大師 が7歳の時に断崖から飛び降りた山頂にあるが 境内から急坂を50分ほど上がる必要がある

案内看板でルートを確認。案内看板でルートを確認

成人した大師は我拝師山(がばいしざん)山頂に出釈迦寺を建立し、現在そこが奥の院となっている。成人した大師は我拝師山 がばいしざん 山頂に出釈迦寺を建立し 現在そこが奥の院となっている

子宝の三鈷の松。
子宝の三鈷の松

干支別の守り本尊が並ぶ。干支別の守り本尊が並ぶ

山門まで歩いてきた。山門まで歩いてきた

空海(弘法大師)が7歳の時に断崖から飛び降りたという「捨身ヶ嶽禅定」の説明看板。空海 弘法大師 が7歳の時に断崖から飛び降りたという 捨身ヶ嶽禅定 の説明看板

天女に救われた空海は、釈迦如来が現われた山を「我拝師山」名づけ、その山に出釈迦寺を建立し、釈迦如来の尊像を刻んで本尊としたという。

参拝

本堂で参拝。本堂で参拝

本尊は釈迦如来(しゃかにょらい)本尊は釈迦如来 しゃかにょらい

続いて大師堂に参拝。続いて大師堂に参拝

内部はこんな感じ。内部はこんな感じ

参拝を終え、曼荼羅寺に向かった。

曼荼羅寺/香川県善通寺市【四国八十八箇所霊場第72番札所】596年創建と伝わる最古の札所
曼荼羅寺は、香川県善通寺市吉原町にある真言宗善通寺派の寺だ。四国八十八箇所霊場第72番札所で、本尊は大日如来。四国八十八箇所霊場の中で最も古い596年の創建とされる。出釈迦寺から徒歩で、曼荼羅寺に向かう。笠松大師は、もともと樹齢1200年を超す弘法大師お手植えの「不老松」があったところだ。