神峯寺 ⇒ 遍路転がしはだてじゃない(第27番札所)

神峯寺

神峯寺

竹林山地蔵院神峯寺(こうのみねじ)は、高知県安芸郡安田町にある真言宗豊山派の寺だ。

第27番札所で、本尊は十一面観世音菩薩。

駐車場へ

この日は津照寺に参拝し、車で神峯寺に向かった。

津照寺 ⇒ 美しい港を借景に(第25番札所)

山道をかなり進んでいく。

ようやく駐車場に到着だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

駐車場はとても広い。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

まずは車道を上っていく。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

5分ほどで山門に到着。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

風情のある山門だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

仁王像は色鮮やか。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

まだ新しそうだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

山門からさらに進む。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

ようやく社務所が見えた。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

参拝

社務所の前には、湧水がある。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

石段を上がる。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

下を見ると、太平洋だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

本殿に到着。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

岩崎弥太郎の母親が、20km離れた家からこの道のりを21日間日参し、息子の出世を祈願したそうだ。

信じられないほど険しいのに。

参拝する。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

経堂。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

仏足跡があった。

少し歩いて行くと大師堂だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

神峯神社

大師堂から車道を上り、神峯神社を目指す。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

以前は一体だったが明治の神仏分離令で神峯寺と分離し、神社だけが残ったそうだ。

神峯寺の奥の院とされている。

すぐに石段の参道となる。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

大楠まで来たが、周囲はまるで熱帯雨林のようだ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

推定樹齢約900年らしい。

その横の石段を上がると、本殿だ。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

起源は神武天皇に遡るらしい。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos

分離以前は、ここが観音寺(神峯寺)の観音堂だったそうだ。

祠にも参拝する。

New photo by 徳弘効三 / Google Photos
New photo by 徳弘効三 / Google Photos

感想

車で駐車場まで行けるのでまだましだが、以前は「遍路転がし」と呼ばれる屈指の難コースだったそうだ。

それを思うと、岩崎弥太郎の母親の執念が偲ばれる。

標高が高いだけに神峯神社を含め散策路としても歩きごたえがある。

ぜひ神峯神社もあわせて、訪れて欲しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

comments