日和佐ウォーキング(徳島県美波町) ⇒ ウミガメの街を散策

日和佐ウォーキング

日和佐とは

日和佐(ひわさ)は、徳島県海部郡美波町(とくしまけんかいふぐんみなみちょう)にある町だ。 以前は日和佐町として独立していたが、平成の大合併で美波町となった。
日和佐7kmウォーキング(徳島県美波町) ⇒ ウミガメの街を散策

トリックアート

この日は薬王寺に参拝した。
醫王山無量寿院薬王寺(いおうざんむりょうじゅいんやくおうじ)は、徳島県海部郡美波町奥河内字寺前にある高野山真言宗の寺だ。四国八十八ヶ所霊場の第23番札所で、本尊は薬師如来(やくしにょらい)だ。何度来ても心が清々しくなる、素晴らしいお寺だ。瑜祇塔の戒壇巡りも楽しいし、ここからの眺めも必見。
参拝後、商店街を歩く。 古民家を改装した喫茶店などがある。 JRの高架の下に、仁王の絵が描かれている。 トリックアートになっている。

厄除け橋

さらに商店街を進んでいく。 厄除け橋まで戻る。
観る・遊ぶ|美波町観光協会橋の欄干(らんかん)には、亀や薬王寺が彫られています。 またこの橋からは大浜の立島や日和佐城、薬王寺が見ることができます。
観る・遊ぶ|美波町観光協会 から引用

漁村めぐりの道

橋を渡った先は、「漁村めぐりの道」だ。 避難タワーの横を通り過ぎる。 海岸まで歩いてきた。 大浜海岸だ。
観る・遊ぶ|美波町観光協会ウミガメの産卵で有名なこの海岸は、1958年に県の、1967年には国の天然記念物に指定され、1996年には「日本の渚百選」にも選ばれているほどの美しい海岸です。 またこの海岸では、10月〜2月は「だるま朝日」が拝めます。
観る・遊ぶ|美波町観光協会 から引用

日和佐うみがめ博物館カレッタ

日和佐うみがめ博物館カレッタに到着。
観る・遊ぶ|美波町観光協会日本には亀の専門の博物館はここしかない、貴重な施設です。 またこの博物館には飼育されている海亀の中では世界最長寿(1950年〜)の亀が今も泳いでいます。
観る・遊ぶ|美波町観光協会 から引用
中には入らなかったが、国民宿舎の駐車場から水槽にアクセスできた。 ウミガメが悠然と泳いでいる。 水中撮影してみた。

恋人岬

カレッタから海岸を歩き、階段を上がる。 すぐに恋人岬だ。
観る・遊ぶ|美波町観光協会明治・大正時代、海上交通が盛んだった頃、ここにある波を鎮めてくれる「波きり不動産」をお参りして、恋人の無事と再会を願って見送ったと云われるこの岬は、今も岬でお参りすると恋人との願いが叶うと云われ、想いのある人々が訪れています。
観る・遊ぶ|美波町観光協会 から引用
説明看板。 ここに鎮座する波切不動尊に参拝。 このあたりは景色が良く、お遍路さんも写真撮影していた。

えびす洞

白い燈台が近づいてきた。
えびす洞温泉ホテル白い燈台は、徳島県海部郡美波町日和佐浦にあるホテルだ。えびす洞にほど近い。思ったよりずっと満足のランチとなった。価格が安いこともあるが、味が非常にいい。このクオリティーなら、1,000円くらいとってもおかしくない。しかもドリンクバー付き。大満足のランチとなった。
白い燈台を過ぎたところの斜面に、野生の猿を発見。 えびす洞に向かう。
恵比須洞は、徳島県海部郡美波町日和佐浦にある洞門だ。高さ52mの岩山に穴が開いており、遊歩道が最頂部まで続いている。洞門の迫力も素晴らしいし、なんといってもその上まで上がれるのがいい。最頂部に神社があって、目標にもなる。ここからの眺めは素晴らしく、休憩中に飽きることもない。
えびす洞を一周し、白い燈台でランチ。

八幡神社

日和佐の町に戻り、八幡神社へ。 祭神は誉田別命(ほむたわけのみこと)つまり応神天皇だ。
歴史について | 日和佐八幡神社正平六年(1351年)の創祀といわれ、もと八幡宮と称した。「阿波誌」に「八幡祠日和射浦にあり。観応二年(1351年)置く。」とあり。
歴史について | 日和佐八幡神社 から引用
境内はとても広い。 扁額。 由緒書き。 摂社にも参拝する。 境内には「ちょうさ」という神輿の倉庫が8つ。
ちょうさについて | 日和佐八幡神社日和佐八幡神社秋祭りの大きな特徴である「ちょうさ」は、町内八地区が運行しており、一番歴史の古い戎町は寛政七年(1795)に造られ、以後享和二年(1802)に東町、享和四年(1804)に西町、文化十五年(1818)再び西町、天保八年(1837)に中村町、天保九年(1838)に本町のものが作られたと、日和佐在住の槌谷義一氏所蔵の「よろづひかへ覚」(大工重兵衛の記録)の中で記録がある。さらに、奥河町には、嘉永四年(1851)と記した太鼓衣装箱がある。恵比須浜のものには立派な彫刻があったが、昭和41年11月の火災で類焼し、昭和48年に新調。桜町は昭和22年に新調している。 「ちょうさ」が大浜海岸に練り歩き、海に入ることから筏の様に組む担ぎ棒は珍しいといわれる。また、戦争中に空襲等の被害にもあわなかったことから、当時の造りが残されている。 なお、「ちょうさ」を運行する八地区は次のとおり。 戎町・東町・西新町・本町・桜町・中村町・恵比須浜・奥河町。 各地区で布団の色等で特色を出している。 太鼓屋台は地方によっては「ヨイヤショ」「サシマショ」等と呼ばれているが、この日和佐地区では「ちょうさ」と呼んでいます。
ちょうさについて | 日和佐八幡神社 から引用
境内社が多数鎮座する。 ひとつひとつ参拝していく。 鳥居まで歩いてきた。

街歩き

ここから町中を歩いて行く。 厄除け橋を渡り、川沿いに進む。 トリックアートまで戻ってきた。 駐車場に戻ってきた。 車で平等寺に向かった。

感想

海がとても美しかった。 ウミガメの町らしく、いたるところにウミガメのマーク。 実際に泳いでいるところを見られたのは、ラッキーだった。 薬王寺に参拝したら、ぜひ海岸まで歩いてみて欲しい。
Total distance: 7116 m
Max elevation: 56 m
Min elevation: -5 m
Total climbing: 356 m
Total descent: -348 m
Total time: 03:09:11
Download